2005年12月01日

1940年に開催されたMoMAの「近代家具のオーガニックデザインコンペ」にて、イームズがエーロ・サーリネンと共に出品し、見事椅子部門の1等に輝いた「オーガニックチェア−Organic Chair」

1940年に開催されたMoMAの「近代家具のオーガニックデザインコンペ」にて、イームズがエーロ・サーリネンと共に出品し、見事椅子部門の1等に輝いた「オーガニックチェア」。

自由な曲線と曲面を低コストで量産できる成形合板に注目したイームズは、複雑な3次曲面によるチェアを考案。

背と座が同一のシェルにより一体成型されている点も斬新で、後のイームズのシェルチェアの原点といえる作品。

技術的な課題と共に世界大戦の勃発等の理由で、当初予定されていた商品化には至らなかった幻の名作。
コレクターズアイテムとしてはもちろん、ダイニングや読書用の毎日の椅子としてもお薦めのチェア。

木製の脚とクッションが入った柔らかい座り心地が、優しい印象を与えてくれる。


icon
icon
posted by scene at 15:22| Comment(34) | TrackBack(6) | センスなCafe&Barスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

イタリアのカンパニョーラ生まれのデニス・サンタキアラは、カーデザイナーがキャリアの原点という異色の人物。固定概念を打ち破り、「ネオデザイン」「ネオイマジン」という彼独自の考え方は彼の作品に如実に表れている「Tatino」

イタリアのカンパニョーラ生まれのデニス・サンタキアラは、カーデザイナーがキャリアの原点という異色の人物。

カーデザイン、インテリア、建築というジャンルにとらわれず、自由な発想でデザイン活動を続けている。

固定概念を打ち破り、「ネオデザイン」「ネオイマジン」という彼独自の考え方は彼の作品に如実に表れている。

タティーノもタト同様、従来の発想を飛び越えて生まれたデザイン。


icon
icon

1990年映画監督ヴィム・ヴェンダースのためにデザインされたW・Wスツールは、その流れるような美しいラインがまるで腰掛けることを拒絶している「W.W.Stool」

1990年映画監督ヴィム・ヴェンダースのためにデザインされたW・Wスツールは、その流れるような美しいラインがまるで腰掛けることを拒絶しているかに見える。

が、シュールな彫刻を連想させる座面から脚の先端までの一環したリズムの中にも、同じ波長で機能性を考慮したフットレストが存在する。

スツールの既成概念を根底からくつがえす存在として迎えられた。

実用のアートとしての一脚。


icon
icon

2005年11月25日

住まい作りのアイデア

住まい作りが楽しくなるようないろいろなアイデアを紹介しています。

他には、旅行で撮った建築写真、趣味のクラシック音楽などの話題もあります。

住まい作りのアイデア
posted by scene at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住まいNET SHOP

全国で選び抜かれたこだわりの商品を一同にご紹介!

月刊誌フリーペーパーと連動したお得な情報満載のサイトです!

sumainetshop88x31.gif

posted by scene at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめリンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。